蛇口補修部品ガイド
品番別によくある故障と修理方法を解説


更新日:2023/10/27

BF-WM145TSLMH

BF-WM145TS
LIXIL BF-WM145TS

水栓金具メーカー:LIXIL(INAX)

BF-WM145TSLMHの故障内容別の原因と修理方法・交換部品を解説します。
(ポタポタ水漏れの原因や開閉バルブ・温度調節ユニット・パッキン等の補修部品)

BF-WM145TSLMHを交換する際の後継機(代替品)も紹介。

よくある故障

水が止まらない(ポタポタ水漏れ)

切替弁部(開閉バルブ部)「A-9777-10」の交換となります。

切替弁「A-9777-10」 修理・交換説明図
LIXIL 切替弁「A-9777-10」 修理・交換説明図

A-9777-10をAmazonで見る
A-9777-10を楽天市場で見る

交換方法はこちらを見てください「A-9777-10 施工説明書

シャワーヘッドのボタンで水が止まらない

減圧弁「A-10314」、もしくはシャワーヘッド「BF-SJ6M」の故障となります。
シャワーヘッドの可能性の方が高いと思いますが、
交換してみないことには特定ができない。

全てセットになった「BF-SJ6MBE(1.6)-AT」を交換しても良い。

開閉ハンドルが固い

切替弁部(開閉バルブ部)「A-9777-10」の交換となります。

温度調節がおかしくなった(温度が低い・変わらない)

温度制御部「A-3070-1」の交換となります。

交換前に必ず温度調節ハンドルの調節をしても直らないことを確認ください。
やり方については下記分解図のリンク先にある取扱説明書を参照ください。

温度制御部「A-3070-1」 修理・交換説明図
LIXIL 温度制御部「A-3070-1」 修理・交換説明図
交換方法はこちらを見てください「A-3070-1 説明書

水の出が悪くなった

フィルターの掃除をしてください。
やり方については取扱説明書を参照ください。

スパウト部から水漏れ

Uパッキン「50-08(1P)」の交換となります。
スパウト側が原因の可能性もありますので、パッキン交換では直らない場合もあります。

パッキン「50-08(1P)」 修理・交換説明図
LIXIL パッキン「50-08(1P)」 修理・交換説明図

※パイプ径16mmのUパッキンならメーカーが違っても合うことが多い。

スパウトの回転が固い

ほとんどの場合、グリス塗布で直ります。(水栓金具のグリスについて
使用年月が長い場合はUパッキン「50-08(1P)」の劣化も考えられます。

シャワーホース根本から水漏れする

シャワーホースの固定ナットの緩みが考えられます。
ナットを手で締め付けてください。

シャワーエルボ部からの水漏れであれば、Oリングの劣化が考えられます。

後継機種(代替品)

設定無し。
シャワーヘッド違いなら代替品あり。
下記のリンク先を見てください

補修品一覧(分解図),取扱・施工説明書

こちらのページを見てください。

BF-WM145TS 分解図・説明書

蛇口の交換依頼をする場合

💡楽天市場が工事費込み&適正価格で安心

楽天市場ならボッタクリの心配無し。
工事費込みで売られており、価格もかなり安め。
中でも大手の「ジュプロ」というショップがおすすめです。
特に頼む当てがない場合は楽天市場を利用してみてください。

楽天市場で工事費込みの蛇口を見る

<詳細>
蛇口交換は楽天市場がおすすめの理由を解説
※当サイトの情報は間違っている可能性があります。
必ずメーカー公式HP等で品番等確認ください。

解説した蛇口の品番一覧・検索はこちら

BF-WM145TSLMHの水漏れ・温度不良修理等の補修部品・後継機種解説


<関連品番>

製品品番検索
※「TKJ30」と前半の品番で検索
リンク